読者モデルになりたいの!

読者モデルになりたいの!

「読者モデル」、通称「読モ」の歴史は1980年代のファッション雑誌『Olive』に始まるといわれている。2000年代後半にはギャルのカリスマ益若つばさが「100億円の経済効果を生み出す」といわれるほどの活躍を見せ、現在もタレントとして活躍中。他にも木村カエラや高島彩、ほしのあき、木村佳乃など、読モ出身の芸能人は数多いですよね。

最近ではブロガーモデル、通称「ブロモ」というコンセプトを雑誌『JJ』が打ち出している。「ブロガー」をひとつのジャンルとすることで、「ブロガー風」ファッションやメイクを提案しています。

読者モデル(どくしゃモデル)とは、ファッション雑誌に登場するファッションモデルのうち、女子大生やOLなどの肩書きで一般読者として誌面に登場するモデルのことを言う。“読モ”(どくモ)と略称されることが多い。

あくまでもアマチュア・素人という範疇でくくられながらも、プロの専属モデルに匹敵する人気を博するものも少なくない。現在、読者モデルと呼ばれる人々の多くは、他に何らかの学業や職業に就いている。最年少の人々は児童や学生であり、ほかにOL、派遣社員、フリーター、肉体労働者、水商売関係など、様々である。

読者モデルの中には専属モデルに登用される者、女優やタレントに転身する者などが、ごくまれにいる。また、芸能事務所やモデルエージェンシーと契約しているにも関わらず、身近な存在であるとするプロモーション目的で読者モデルという肩書きを使う者が増えるという逆転現象も起きている。読者モデルという身分のままでブランドに参加したり、テレビ、ラジオ、雑誌等でレギュラーを持ったり、本やDVDを刊行するものも出ている。タレントなどと同じように自身のブログを持っているものも多い。

読者モデルから芸能人になるケースもあり、読者モデルを専門に扱うポータルサイトも増えている“ドクモカフェ”、“読者モデルブログ”など読者モデルから芸能人やモデルになる者もいる。逆に、有名な子役や芸能人が読者モデルになるケースもある。スカウトやファッション雑誌に封入されている応募シートなどで応募することによって読者モデルになることができる。

タウン情報誌が創刊され始めた頃、地域密着型情報の収や地元ネタのレポートなどが目的で読者の中から、誌面に登場したい読者を募り、“読者参加型”の雑誌作りを始めたのが、読者モデルという言葉が誕生し、急速に広まったきっかけだった。

1984年に、ファッション雑誌『Olive』の読者モデルとして栗尾美恵子(現花田美恵子)が登場した。彼女は、篠山紀信をはじめとする大物写真家のお気に入りの被写体になり、人気を博した。放送作家の山田美保子は、専属モデルよりも人気を得る“カリスマ読者モデル”の走りが花田だったと述べている。

1995年に創刊した東京ストリートニュースは高校生の間にブームを呼び、妻夫木聡、降谷建志、青木裕子、高島彩などが登場した。

1997年頃、『25ans』に「美容通の読者」として山口眞未子が登場した。彼女は、同誌に取り上げられたのをきっかけに「ビューティスペシャリスト」という肩書きを得て、様々なメディアに出演するようになった。同時期に、「スーパー読者」として叶姉妹が登場する。彼女らは女性読者から熱狂的な支持を受け、誌面に登場するたびに部に問い合わせが殺到した。彼女らの登場は、読者モデルが一般的に注目されるきっかけになった。

2000年代後半になると、「100億円の経済効果を生み出す」と称された『Popteen』出身の益若つばさ、と読者モデルからマルチタレントに成り上がった小森純の様なモデルが注目された。彼女らの特記すべき点は、あらゆるメディアに出演し、人気が出ても読者モデルの地位を守り続けていることである。2000年代に入って読者モデルがトレンドになった背景に加えて、彼女ら自身が自分を生かす場所を理解しているためである。『iza』は、読者モデルが音楽業界で活躍するケースが目立っている事例を紹介した際に、「ネットがなければ、彼女達がこれほど脚光を浴びることはなかったろう」と評している。

かねてより長らく“読者モデルといえばギャル”という状況で、益若や小森、ならびに押切もえのような面々がその顕著な成功例として知られていたものの、きゃりーぱみゅぱみゅなどの台頭で原宿系統いわゆる“青文字系”の読者モデルが注目をめるようにもなっている。

情勢

2012年暮れ頃の『日刊スパ!』独自の試算によれば、読者モデルの総数は90誌でおよそ4285名。そこでの“読者モデル”の定義は「ファッション・美容ページに出る人物から芸能人、プロの専属モデル、アパレルのプレス・販売員を除外した一般人」で、調査対象誌(とその内訳)は、『CanCam』(22名)、『AneCan』(52名)、『Oggi』(19名)、『Domani』(36名)、『美的』(14名)、『SAKURA』(10名)、『MORE』(100名)、『BAILA』(40名)、『MAQUIA』(10名)、『LEE』(5名)、『Marisol』(55名)、『eclat』(3名)、『with』(11名)、『ViVi』(79名)、『Grazia』(10名)、『VoCE』(27名)、『GLAMOROUS』(10名)、『GLOW』(50名)、『InRed』(16名)、『steady』(20名)、『mini』(8名)、『CUTiE』(14名)、『JJ』(76名)、『CLASSY』(29名)、『VERY』(42名)、『STORY』(18名)、『美STORY』(60名)、『HERS』(42名)、『Mart』(42名)、『Gainer』(45名)、『Popteen』(30名)、『BLENDA』(30名)、『美名百花』(10名)、『EDGE STYLE』(85名)、『Ray』(30名)、『S Cawaii』(40名)、『mina』(50名)、『ゆうゆう』(7名)、『an・an』(100名)、『古着Mixガールズ』(54名)、『FYTTE』(7名)、『Zipper』(15名)、『nina’s』(50名)、『SEDA』(89名)、『saita』(104名)、『JELLY』(21名)、『Ranzuki』(42名)、『men’s egg』(30名)、『egg』(130名)、『MEN’S KNUCKLE』(40名)、『Used Mix』(50名)、『streert Jack』(26名)、『MEN’S CLUB』(2名)、『ELLE girl』(19名)、『サムライマガジン』(8名)、『Samurai ELO』(20名)、『小悪魔ageha』(72名)、『I LOVE mama』(76名)、『Happie nuts』(190名)、『JSガール』(スナップを含め202名)、『NYLON JAPAN』(7名)、『CHOKi CHOKi』(50名)、『CHOKi CHOKi girls』(54名)、『KERA』(20名)、『Men’s SPIDER』(32名)、『カジカジ』(6名)、『カジカジH』(104名)、『関西 girl’s style exp.』(110名)、『ニコ☆プチ』(90名)、『CREA』(230名)、『オレンジページ』(6名)などであった。

批評

読者側から見て、読者モデルの魅力はお手本にできる親しみやすさ、スターというより友達感覚といった「親近感」という点に約される。逆に彼女らを雇う雑誌、企業からみると「使いやすさ」である。出演料が安いうえに広告や契約の制約がないため、撮影で融通が利く。プロのモデルとは違い等身大の存在で、読者からはマネのしやすい存在である。また、新商品を試してもらえるうえにブログで宣伝してもらえる。ファッションプロデューサーの植松晃士は、一部の読者モデルが、カメラを向けると必ず「決め顔」をすることを指摘。2000年代後半の読者モデルがトレンドになり始めたことに絡めて、読者モデルの人気と実力が必ずしも比例するわけではないと述べた。また、読者モデルは「読者代表」なので、ショーモデルと比較するのは、無理があると付け加えた。