青文字系出身…清川あさみ

清川あさみ

青文字系読モのパイオニアといえば彼女。当時、ヴィヴィアンの厚底シューズとか、JUDY AND MARYのYUKIちゃんとか似てると言われていてとっても注目されていました。

プロフール

清川あさみ(きよかわ あさみ、1979年 - )は、日本のアーティスト、美術家。兵庫県淡路島出身。

写真に刺繍を施すという独特な手法でアートディレクションから造形作品の制作まで幅広く活躍し、多くの年齢層にファンを持つ。女性を美しく魅せる作品に定評がある。空間、プロダクトのプロデュースを任される事も多い。また、本人のキャラクターも注目され、BS日テレで茂木健一郎と共に『TOKYO DESIGNERS WEEK.tv』MCを務めている。

2004年ベストデビュタント賞、2010年VOCA展入賞、「VOGUE JAPAN Women of the Year 2012」受賞。個展は、近年では2011年水戸芸術館(全館規模の個展を開催する作家としては最年少)・2012年表参道ヒルズで「清川あさみ|美女採」を開催し、表参道ヒルズでは最多動員数を記録。

文化服装学院に通いながらモデルとして雑誌「Zipper」「CUTiE」「A-GIRL」などで活躍していた。当時の通称は「あさみっち」。2007年に発表した、衣装・ディレクション・アートワークまでを手がけた「清川あさみの美女採」(INFAS)で、旬な女優22人とコラボレーションし、メディアでも多く取り上げられる。

2012年、雑誌『FRaU』にて連載している「美女採neo」を1冊にまとめた『美女採』(講談社)を発売。約3年分の女優、アーティストなど総勢35人の作品が掲載されている。現在までに最も注目される女優、アーティスト、ミュージシャンからアニメ、漫画の人気キャラクター(「エヴァンゲリヲン新劇場版」の綾波レイ、「ジョジョの奇妙な冒険」の空条徐倫など)まで、総勢約200名程採され、なお継続中。

同年夏、谷川俊太郎との共作絵本「かみさまはいる いない?」(クレヨンハウス)がロンドンで開催された2年に1度のコングレス(児童書の世界大会)の日本代表となる(JBBY「社団法人日本国際児童図書評議会」より選出)。

2013年、ASIAGRAPHアワードにてアジアが誇れる優秀なクリエイター/技術者・研究者に年に一度贈られる「創(つむぎ)賞」「匠(たくみ)賞」の「創(つむぎ)賞」受賞。また、初の男性をモデルにしている作品「男糸(danshi)」を発表。常に活躍している日本、アジアを代表する著名男性(20名以上)とコラボレーションし、男の美学、生き様を表現。清川自身が、被写体を歴史上の人物や、著名人、神話の登場人物に例え作品にしている。

作品

広告・CM

  • 名古屋パルコ「パルコレ」(2005年 CM・広告)
  • 原宿FORET「グランバザール」(2005年 広告)
  • サンリオクリスマスキャンペーン「Jewelry Heart Christmas」(2005年 CM・広告)
  • 全国松坂屋「クリスマス」(2006年 広告)
  • 複合施設「cocoti」(2006年 シンボルマーク・広告)
  • PARCO「PARCO SWIM DRESSキャンペーン2009」(2009年 広告)
  • 松屋銀座「2009 CHRISTMAS STARS made with CRYSTALLIZED™ - Swarovski Elements」(2009年 広告)
  • PARCO「PARCO SWIM DRESSキャンペーン2010」(2010年 広告)
  • ワコール「Wing“Kirei”夏篇」(2012年 CM・広告)
  • 松屋銀座「Dreamy Christmas」(2012年 広告)
  • サンリオクリスマスキャンペーン「Sweet Christmas」(2012年 広告)
  • ニッセン(2013年 CM)
  • CD・DVDジャケット・グッズ
  • orange pekoe(2004年)
  • 木村カエラ「リルラリルハ」(2005年 CDジャケット)
  • JUJU「奇跡を望むなら」(2006年 CDジャケット)
  • m-flo「TRIBUTE ~stitch the future and past~」(2011年 CDジャケット)
  • 柴咲コウ「Orb -Ko Shibasaki 10th Anniversary Premium Box-」(2012年)

その他

  • 書籍「サファイア」(湊かなえ/角川春樹事務所、2012年、カバービジュアルデザイン)
  • 文庫「贖罪」(湊かなえ/双葉社、2012年、カバーデザイン&イラストレーション)
  • テレビドラマ 「恋なんて贅沢が私に落ちてくるのだろうか?」(2012年、アートディレクター)
  • NHK Eテレ「おかあさんといっしょ 11・12月の歌『ゆめいろワルツ』」(2012年、アニメーション原画)
  • テレビドラマ「高校入試」(2012年、キービジュアルデザイン)
  • 花王「アタック」(2012年、25周年キャンペーン限定パッケージデザイン)
  • 映画「つやのよる ある愛に関わった、女たちの物語」(2012年、キービジュアルデザイン)
  • 映画「ハル」(2012年、キービジュアルデザイン)

個展

  • 2001年 「SAUCE」(ギャラリートラックス/山梨)
  • 2002年 「futo」(gallery ROCKET/東京)
  • 2004年 「COLOR FRAGMENTS」(LAPNET SHIP/東京+名古屋松坂屋/愛知)
  • 2005年 「COLOR ROOMS」(HEP HALL/大阪)
  • 2006年 「幸せな王子」(LOGOS GALLERY+リトルモアギャラリー/東京)
  • 2007年 「人魚姫」(LOGOS GALLERY/東京)
  • 2007年 「清川あさみの美女採展」(パルコファクトリー/東京)   
  • 2008年 「HAZY DREAM」(アルティアム/福岡)
  • 2008年 「清川あさみ Catch The Moment」(HEP HALL/大阪)
  • 2011年 「清川あさみ|美女採」(水戸芸術館現代美術ギャラリー/茨城)
  • 2012年 「清川あさみ|美女採」(表参道ヒルズ スペース オー/東京)、(みやざきアートセンター/宮崎)
  • 2013年 「清川あさみ『こども部屋のアリス』原画展」(POLAミュージアム アネックス/東京)
  • 2013年 「清川あさみ|美女採」(ジェイアール名古屋タカシマヤ/愛知)、(JRタワー プラニスホール/北海道)、(大丸ミュージアム<梅田>/大阪)

グループ展

  • 2006年 「biishiki_A New Japanese Aesthetic」(Esso Gallery/ニューヨーク)
  • 2009年 「手で創る 森英恵と若いアーティストたち」(水戸芸術館現代美術ギャラリー/茨城)
  • 2009年 「Stitch by Stitch 針と糸で描くわたし」(東京都庭園美術館/東京)

書籍

作品

  • 「futo Kiyokawa Asami×Takimoto Mikiya×Morimoto Chie」 (2002年、マドラ出版)
  • 「美女採 Asami Kiyokawa catch the girl」 (2007年、INFASパブリケーションズ)
  • 「caico」 (2008年、求龍堂) ※撮影:荒木経惟
  • 「PRISM」(2010年、幻冬舎 佐々木希写真)
  • 「com-po-ji」(2010年、祥伝社) 武田双雲氏とのコラボレーション企画
  • 「ノゾキミ」(2010年、幻冬舎、モデル:佐々木希) 撮影:清川あさみ
  • 「AKB48×美女採」(2010年、講談社)
  • 「ASAMI KIYOKAWA ― 5 Stitch Stories」(2010年、ピエ・ブックス)
  • 「COLLECTING」 (2012年、求龍堂)
  • 「美女採」(2012年、講談社)

絵本

  • 「幸せな王子」 (2006年、リトルモア)
  • 「人魚姫」 (2007年、リトルモア)
  • 「銀河鉄道の夜」 (2009年、リトルモア)
  • 「もうひとつの場所」 (2011年、リトルモア)
  • 「かみさまはいる いない?」 (2012年、クレヨンハウス)
  • 「グスコーブドリの伝記」 (2012年、リトルモア)
  • 「こども部屋のアリス」(2013年、リトルモア)

雑誌連載

  • 『A*Girl』「清川あさみの 3000年BUSU 」(2001年、学研)
  • 『relax』「美女採」(2006年、マガジンハウス)
  • 『和樂』「Bi-dan」(2008年、小学館) ※宝塚歌劇団トップスターと企画連載、DVD化
  • 『Zipper』「com-po-ji」(2009年、祥伝社) 武田双雲氏とコラボレーション
  • 『すばる』(2009年 - 2013年、英社) ※表紙
  • 『GLAMOROUS』「男糸-danshi-」(2012年 - 2013年、講談社) ※『VOCE』に連載が移動
  • 『FRaU』「美女採neo」(2009年 - 、講談社)
  • 『ROLa』対談「美色レストラン」、扉作品「美少年執事」(2013年 - 、新潮社)