赤文字系

赤文字系

赤文字雑誌、赤文字系雑誌(あかもじざっし、あかもじけいざっし)とは女子大生・若年OLなどの20歳代前半ぐらいの女性を対象としたファッション雑誌。単に赤文字系と呼ぶこともある。

具体的には JJ、ViVi、Ray、CanCamの4誌、またはそれらにPINKYを加えた5誌を指す[2]。各誌とも題字が赤またはピンクなどの赤系色であることからこの名称がつけられた。PINKYのみ創刊時(2004年)には題字を赤で表示していなかったものの、傾向や発売日が同じことから赤文字雑誌に含まれるようになった(実際に題字が赤かった号も存在する)。

5誌ともに発売日は毎月23日(日祝日の際は21日または22日)で、対象年齢は20歳前後。いずれもコンサバファッションを扱っており、また各誌ともファッション・メイク・ヘア関連のみならず、芸能、グルメ、旅行、就職、恋愛など、この年代の女性の関心の高い情報の掲載も力を入れている。目次前に各社の最新商品を紹介するコラム、目次後しばらく編集記事、後半にさしかかるとメイク・ヘア関連特集やタイアップ(記事広告)、巻末にカルチャー・読者投稿などの連載という順序で誌面が編成されることが一般的である。

その他の共通点としては、登場モデルがテレビ番組に出演することが販促活動の一環となっている点が挙げられる。

もちろんファッション誌ゆえに上質紙の使用とカラー印刷の多さが特色であり、ページ数自体も平均250~300ページ前後と多めであるので、これが雑誌そのものの重さ(一般的な週刊誌3冊分程度の重量である)につながっているうえ、付録としてバッグ・小物類がつくことも多い。だが、そのボリュームの割に、価格は600~750円以内と安価な傾向にある。この背景には、読者モデルの多用で出演料を削減できたり、数ページにわたり同一会社・ブランドの商品が掲載される記事広告、付録グッズによる宣伝などのタイアップにより、メーカーから安く衣装の貸出しを受けられるなど、制作コストを削減できることがあげられる。

コンサバファッション

コンサバは「コンサバティブ」(conservative:保守)の略。対義語は「アバンギャルド」または「コンテンポラリー」。しきたりに囚われない革新的なセンスを重んじるモード系、ユニセックス寄りのセンスでラフな衣類を纏うカジュアルに対し、衣服・文化の伝統を重んじたエレガントかつ主張の控えめな装いで、略礼服とも関係が深い。

歴史

日本では1975年以降、神戸のお嬢様風スタイル“ニュートラ”ブームを経て、1985年頃からバブル景気を迎えると、巷で女子大生ブームが席巻した。長い黒髪に太い眉、肩パッドの入ったかっちりとしたレディーススーツ・ブラウスにタイトスカート、ブランドもののスカーフ等、赤文字雑誌(JJ、CanCam、ViVi、Ray)と呼ばれるファッション雑誌が標榜する洋装を「コンサバ」と称し、お嬢様(淑女)のアイコンとしてもて囃された。

現代のコンサバ

バブル景気の女子大生ブーム、コンサバブームもやがてバブル崩壊・時代の流れと共に死語と化した。しかし女性のお嬢様スタイルへの羨望は現代に至るまで依然衰えることなく、モード系ファッション、ギャルファッション、カジュアルファッション等と識別する為に、女性らしく上質なファッションを今でもあえて「コンサバ」と形骸的に指すことがある。

コンサバブーム以降の日本のコンサバファッションは、女性を美しく見える要素を強調し、トレンドを取り入れた装いである。かつては不良の象徴であった茶髪、鉱夫の作業着として外出着としては非礼とされるジーンズ、上流階級ならではのステータスシンボルであった高級ブランドのバッグを一般的な女子大生やOLが所持する等、古くからの概念にとらわれない装いを取り入れ、またあらわにした肌や人目を引く華美で淑女とは乖離したスタイルも少なくなく、本来の意味とはいささか矛盾している。2000年以降、セクシーさを強調したコンサバはお姉系とも呼ばれる。